格安航空券で行く九州

夕焼け空に飛ぶ飛行機

格安航空券で行く九州

九州へ行くのに飛行機で行く人は多いのではないでしょうか。九州の各県に1か所以上ずつ空港があるので、航空路は充実しています。特に長崎や鹿児島には離島があるので、そこに行くのに飛行機が利用されています。九州各地へ行くには、格安航空券がおすすめです。

九州の玄関口・福岡空港

九州といえば、まず思い浮かぶのが福岡ではないでしょうか。そこにある九州最大の空港が、福岡空港なのです。
各地から福岡空港まで行く航路は多く、市街地へは地下鉄で10分以内といった、交通の利便性にも優れています。
3つあるターミナルは使用目的で明確に使い分けられており、第1は地方空港やLCC路線、第2は羽田などの主要空港への便、第3は到着便専用で利用されています。
福岡空港から九州各地へ移動する際にも便利で、ANA・JALの格安航空券の利用がおすすめです。

離島へのアクセスができる空港

九州には本土からかなり距離のある離島もあります。まず鹿児島空港は、九州南部への観光でよく利用されていますが、屋久島や奄美大島などの離島へのアクセス拠点にもなっています。
鹿児島本土から屋久島などへ行くのに最適ですが、場所的にも鹿児島市内や宮崎などにも行くことができます。
長崎空港も同様に、長崎本土から五島列島・壱岐・対馬へ行くのに利用されています。
大村市にあるこの空港は、長崎市内や佐世保などへのアクセスも可能で、国内各地からの移動にも使用されています。
また、熊本空港も県内の天草空港へ行く定期便が運航されています。

その他の九州の空港

まず宮崎空港は、宮崎市街地から5㎞離れた場所にあり、陸路からアクセスしにくい宮崎へ行くのに、玄関口になっています。
空港にはヤシの木が立ち並んでおり、1年を通してブーケンビリアが出迎えてくれます。
大分空港は、羽田から1時間半で行ける場所にあり、温泉旅行へ行くのにおすすめです。
大分空港から大分市街や別府などへ、リムジンバスが運行しています。佐賀空港は、東京からの便が展開されていますが、近年はLCCの拠点としても使われています。福岡には北九州空港もあり、LCCの1つであるスターフライヤーの本拠地として使用されています。

格安航空券で行く九州

九州各地に空港があるので、九州の行きたい場所に飛行機を使って行くことができます。
鹿児島や長崎などは離島へ行く便があるので、格安航空券を使って離島に行くことも可能です。
福岡などのように市街地との距離が近い空港もあるので、九州各地への陸路での移動がしやすいです。

Similar Posts: