格安航空券で行く北海道

夕焼け空に飛ぶ飛行機

格安航空券で行く北海道

北海道へ旅行に行くなら、格安航空券を使って行くのがおすすめです。北海道は土地が広いため、道内各地に空港があり、国内の主要空港から道内の空港へ利用することができます。北海道でも、場所によって見るもの、触れるものが違うので、魅力がたくさんあります。

北海道観光の出発地点・新千歳空港

新千歳空港は、北海道の玄関口として、交通の要所の1つとなっています。日本各地の主要空港および道内の空港を結ぶ航空路を展開しています。
空港内には、レストランやホテルなど、様々な施設が集結しており、大きな観光スポットとしても利用されています。札幌市内へ行くには、JRやバスなど、様々な交通手段を使って行くことができます。
新千歳空港へは格安航空券が便利で、ANA・JALのほかにAIRDOなども利用できます。
ここから道内の空港に行くには、ANA航空券が利用できます。

北海道のその他の空港

北海道は土地が広いため、新千歳以外にも様々な場所に空港があります。まず函館空港は、道南地域の玄関口となっており、函館市内をはじめとする道南の観光でよく利用されています。
年間200万人以上が利用し、国際線もあります。空港と函館駅を結ぶシャトルバスが運行しており、五稜郭などを巡る観光循環バスも運行されています。
そして、道内第2の都市・旭川へ行くには、旭川空港があります。周辺には富良野のラベンダー畑があり、夏季になればANAの関空便、JALの伊丹便の季節便が運航されます。
冬季は大雪に備え、除雪体制が充実しているので、雪による空港閉鎖はありません。
これらの空港を含め、北海道内には12の空港があります。

空港から観光地へ行くには

札幌へ行くには、新千歳空港または丘珠空港から札幌市内の観光ができます。
見どころは札幌駅を中心にあるので、まずは札幌駅に行き、そこから時計台や旧北海道庁などを見に行くのがおすすめです。
大通公園は1年を通してイベントが行われ、冬には雪まつりが行われることで有名です。
札幌では、ラーメンやスープカレー、ジンギスカンなどが有名です。
函館空港からは、函館市内または奥尻島へ行くことができます。
函館市内では、五稜郭や夜景などを楽しむことができ、函館から奥尻島へは定期便が運航されているので、奥尻島への観光に便利です。

北海道へ航空券を使って行く

北海道へはAIRDOなどが運航されているので、日本各地から北海道へ、また道内各地を飛行機で移動する際は、格安料金で利用することができます。
道内の各空港から観光地へのアクセスは最適なもので、楽しく観光できます。

Similar Posts:

  ← 前の記事: