ANA・JALの格安航空券

夕焼け空に飛ぶ飛行機

ANA・JALの格安航空券

航空会社を利用する際に、どの会社を利用しますか。日本の航空会社として有名なのが、ANA(全日空)とJAL(日本航空)の2つです。各地の空港で定期便が展開されており、国内外の移動でよく利用されています。これらの会社でも、格安航空券が販売されています。

ANAを利用するときの特長


ANAは日本全国に路線を展開しており、乗り継ぎがしやすく、各地への移動もしやすいです。
機内サービスが充実しており、利用時には特典も豊富なANAマイルがたまり、たまったマイルは使用することもできます。
ゴールデンウィークや夏休みなど連休時に使用できる航空券が、かなり割引されて販売されることがあります。
「旅割」や「特割」などのサービスがあり、条件に合った航空券がお得な料金で購入できます。
最大の割引が適用されるのは「旅割75」で、搭乗日の75日前までに購入すれば、最大約83%の割引が適用されます。

JALを利用するときの特長

JALは羽田や伊丹などの主要空港をはじめ、離島に及ぶ地方空港にも定期便が就航されています。
JAL航空券の特長は、早めに予約すれば料金が安くなることです。55日前まで予約可能な「スーパー先得」、28日前まで予約可能な「先得A」、直前予約ができる「特便割引」などがあります。
最大の割引が適用されるのは、75日前までに予約できる「ウルトラ先得」で、最大で83%近くの割引が適用されます。格安航空券を購入した際も、JALのマイルは使用できるようになっています。

予約の変更について

航空券を予約した後に、予定が変更になった際に、その予約を変更しなければならない状況になります。
日時の変更が可能な運賃で予約した場合は、同一区間で変更可能期間内に、同券種の空席がある便に変更でき、購入後の最大90日間も変更可能です。
予約の変更ができない券種としては、ANAの場合は「旅割」や「特割」といったもの、JALの場合は「先得」や「特便割引」が当てはまります。これら以外の券種が、予約の変更が可能です。

ANA・JALの格安航空券

ANA・JALは、日本全国で路線を展開しており、北は北海道、南は沖縄とあらゆる場所へ渡航することや乗り継ぎができるようになっています。
利用するごとにマイルがたまるようになっており、たまったマイルは次回利用する際に使用することもできます。
格安の料金で利用したい場合は、早めに予約することがおすすめです。
2社ともに、早めに予約すれば料金が安くなるサービスを提供しています。

  ← 前の記事: